生と死のDSM 30

機関車およびその他の技術情報

  • ゲージ:3'6 "(1067mm)

  • 長さ:〜220km

  • 建設期間:2年4ヶ月

  • 機関車の数:20+

  • 橋の数:大交差= 4、小交差=多く

  • トンネルの数:2

  • 支線の数:メジャー= 1(炭鉱)、マイナー= 1(採石場で知られている)

  • 最長(既知)切断:〜500m

  • 最も深い切断:〜25m

  • 最低地点:5m

  • 最高地点:150m

  • コスト:100,000回以上

 

鉄道は、ムアロで終了した既存のオランダの路線と接続するために建設されました。インドネシアのほとんどの鉄道と同じように、3'6 "または1067mmのゲージがありました。これは、狭いゲージとして分類されます。これはまた、第二次世界大戦のエンジニアが指示された日本の鉄道で使用される主要なゲージであり、狭いゲージでの構築に慣れていたことを意味します。

 

捕虜の1人であるW. R.スミスは、オリジナルの回想録と出版された本でゲージについて話し、ゲージを測定するために使用された「ほとんど神聖な」機器の1つです。 「使用されていないときは、裏地が柔らかなケースに保管されていました。ゲージ自体は、ニスを塗られて磨かれた硬材で作られ、それに取り付けられたすべてのフィッティングは真鍮を機械加工して機械加工しました。大きな水準器のように見えました。 下端にある2つのヒンジ付きポインター。両方のポインターが互いに最も近い位置にある場合、これはレールラインの内面間の標準ゲージを表しています(1.067メートル-3フィート6インチ)。

リパトケインで見られるC54クラス機関車

既知の機関車クラス

C54機関車

  • ビルダー:ハートマンまたはバイエルピーコック

  • ホイール配置:4-6-0

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:1,300mm

  • 重量:61.85トン

  • 元の所有者:Semarang Cheribon Stoomtram(SCS)

  • いいえ。鉄道に持ち込まれた:4

  • 回収された番号:0

C54クラス機関車(ビングリーホールコレクション)

C54機関車は、Semarang Cheribon Stoomtram社のために建てられました。 これらの機関車は1922年に輸入され、13台はドイツのハートマンから購入し、6台は英国のバイエルピーコックから購入しました。 これらの機関車の意図は、スマランとチェリボン間の急行列車を最高速度75kphで牽引することでした。

 

日本人が侵略したとき、彼らはペカンバル線で作業するためにこれらの機関車のうち4台を送り、ペタイから石炭貨車を引き出すことを意図した。 これらの機関車は、その重量と不十分な構造のラインのため、この種の作業には適していませんでした。 鉄道に運ばれた4台の機関車のうち、元の所有者に戻されたものはなく、今日でも1台だけが鉄道に残っています。 カンパルキリ川の隣のキャンプ7で見ることができます。

C30クラス機関車

  • ビルダー:Hohenzollern、Borsig、Werkspoor、またはHanomag

  • ホイール配置:2-6-2T

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:1,350mm

  • 重量:31.6トン

  • 元の所有者:Staatstramwegen op Zuid-Sumatra(SZS)

  • いいえ。鉄道に持ち込みました:3

  • 回収された番号:0

C30クラス機関車

C30は、日本がインドネシアに侵攻した後にプカンバル鉄道に送られた別の大きな機関車でした。 ドイツとオランダの複数の企業によって建設されたこの機関車は、南スマトラ州立鉄道の乗客と貨物の両方を牽引するための混合交通機関でした。

 

これらの機関車は、Petaiの鉱山から装荷された石炭貨車を引き出すことも意図されていましたが、やはり重量のために、鉄道の劣悪な建設には適していませんでした。 これらの機関車はいずれも終戦時に返還されず、すべて廃棄されました。

 

これらの機関車のうち18台は、日本人によってシンガポールとマラヤにも送られ、現地の路線に合わせて再計測されました。 これらはすべて廃棄されました

2-4-2T「ハノマグ」型機関車

  • ビルダー:ハノマグ

  • ホイール配置:2-4-2T

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:1,300mm

  • 元の所有者:Deli Spoorweg Maatschappij(DSM)

  • いいえ。鉄道に持ち込みました:2

  • 回収済み:1(既知)

2-4-2T#66ハノマグ製(ビングリーホールコレクション)

上記のハノーマグ機関車は、北スマトラのデリスポークウェグマーチャッチャピから持ち込まれたこれらの機関車のうちの2つのうちの1つでした。 DSM 66(上記)とDSM 60の両方がペカンバル鉄道に時間を費やしましたが、DSM 66のみが生き残り、デリ鉄道のエンジニアであるH、メイジャーによって北スマトラに戻されたことが知られていました。 メイジャーも鉄道での捕虜であり、彼の機関車がペカンバルに到着するのを見ていた。 DSM 66は1980年代まで生き延びましたが、この頃廃棄されました。

C33クラス機関車

  • ビルダー:エスリンゲン

  • ホイール配置:2-6-0T

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:1,000mm

  • 元の所有者:Staatsspoorwegen ter Sumatra's Westkust(SSS)

  • いいえ。鉄道に持ち込みました:不明

  • 回収:不明

C33クラス機関車

機関車のC33クラスは、ドイツのエスリンゲンによって建設され、主に貨物を牽引するために使用されていました。 Staatsspoorwegen terスマトラ島のウェストクストでは、これらの小さいが強力な機関車のうち23台が、平坦な場所に沿って最大600トンの石炭車をパダンとテルクバイエルに引き寄せ、そこで待機船に積み込むことができました。

 

日本人がムアロ東部からラインの建設を開始したとき、これらの機関車はパダン周辺の平地から持ち込まれ、鉄道建設業務に使用されました。 彼らは、捕虜によって行われた図面のいくつかで見ることができます。 これらの機関車が実際に鉄道で実際に働いていたのはいつでも簡単に乗り換えることができたため不明でしたが、少なくとも1つは残され、現在はシルカ近くのキャンプ12で記念碑として立っています。

 

プカンバルの鉄道とロムシャの記念碑にある機関車C3322は、引退して現在の休憩場所に移動するまで1980年代によく使用されていました。

B51機関車

  • ビルダー:Hanomag、Hartman、またはWerkspoor

  • ホイール配置:4-4-0

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:1,503mm

  • 重量:32トン

  • 元の所有者:Staatsspoorwegen(SS)またはStaatstramwegen op Zuid-Sumatra(SZS)

  • いいえ。鉄道に持ち込みました:1

  • 回収された番号:0

B51機関車

B51クラスは、Hanomag、Hartmann、およびWerkspoorによって建設された複合機関車でした。 これらの機関車のうち44台が10年間で輸入されました。 それらは、StattsspoorwegenとStaatsspoorwegen op Zuid-Sumatraの両方によって混合トラフィックエンジンとして使用されました。

 

日本人が侵略したとき、彼らはこれらの機関車の1つをペカンバルに送り、そこでキャンプへの石炭や鉄道の供給を運ぶのに最もよく使われた。

 

この機関車に何が起こったのかは不明ですが、この機関車の輪郭に似た戦争の後、ペカンバルに遺棄されたボイラーとホイールの写真があります。 これらの遺跡はその後廃棄されました。

KraussによるDSM 30

  • ビルダー:クラウス

  • ホイール配置:0-4-0

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:870mm

  • 元の所有者:Deli Spoorweg Maatschappij(DSM)

  • いいえ。鉄道に持ち込みました:1

  • 回収された番号:0

DSM 30 by Krauss(G. W. de Graafコレクション)

DSM 30は、1897年にドイツのクラウスがデリスポアウェグマーチャッチャッピ(北スマトラ)のために建設したものです。この機関車は、日本の侵攻に続いてペカンバル鉄道に運ばれました。

 

鉄道では、鉄道建設や大型機関車の貨車の分岐など、多くの業務に使用されていました。 鉄道の他の機関車に比べて機関車が非常に小さくて軽いので、新しく敷設されたレールに沿ってさらに進むことができました。 機関車が外れた場合、比較的簡単に元に戻すことができたでしょう。

 

しかし、この機関車は建設プロセスに耐えられませんでした。ページの上部の写真に見られるように、ラインから外れてキャンプ10の近くの銀行に到着したためです。 1990年代に最終的にスクラップ用に切断されるまで、ここに何年も休みました。

ホーエンツォレルンによるDSM 7

  • ビルダー:ホーエンツォレルン

  • ホイール配置:0-4-2T

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:1,100mm

  • 元の所有者:Deli Spoorweg Maatschappij(DSM)

  • いいえ。鉄道に持ち込みました:1

  • 回収された番号:0

DSM P BrayanによるDSM 56

  • ビルダー:クラウス

  • ホイール配置:0-4-2T

  • ゲージ:3'6 "

  • 駆動輪の直径:1,100mm

  • 元の所有者:Deli Spoorweg Maatschappij(DSM)

  • いいえ。鉄道に持ち込みました:1

  • 回収された番号:0

上記のこれらの機関車のどちらに何が起こったのかは不明ですが、おそらくキャンプの1つに残され、後に廃棄されました。

車両

改造された鉄道トラック

レールで走るように改造されたトラック

技術的には車両ではありませんが、機関車でもありません。これらのトラックは、日本人によって、トラックの差動装置から車輪までの単純な駆動を使用してレール上で走るように変換されました。これらのトラックの多くは、最初にタイビルマ鉄道の建設に使用されました。後に、日本のエンジニアがワゴンとともにプカンバルに連れて来て、タイの1000mmゲージ(3 '3 3/8 ")からペカンバル鉄道の1067mm(3' 6")ゲージに変更しました。

 

これらのトラックは、ほとんどすべての建設の最前線で使用され、仕事に捕虜を運び、敷設する必要に応じてレールと物資を移動し、夜に捕虜をキャンプに戻しました。多くの捕虜は、これらのトラックで輸送されることについて語り、いくつかは描かれた画像にも描かれました。

 

これらのトラックはいずれもプカンバル鉄道にまだ存在せず、すべてが終戦後に廃棄されました。多くはジャングルに放置されていましたが、地元の人々に発見されたため、彼らは切断されました。

石炭ワゴン

石炭ワゴン

上記の石炭ワゴンは、長年スマトラ島の西海岸の一般的な場所であり、C33機関車が港で降ろされているイメージで見ることができます。 これらの馬車は西スマトラから運ばれ、ペタイの炭鉱からプカンバルに石炭を運ぶために使用され、そこでジョホール行きの船に積み込むことができました。

ボックスカー

ボックスカー

上記のボックスカーは、ペカンバル鉄道の時代からの典型的なオランダスタイルです。 これらは西スマトラから持ち込まれ、物資やパウの運搬に使用されていたでしょう。 パダンまたはブキティンギ(Fort de Kock)でこれらの車に積み込まれ、鉄道で働くためにムアロに運ばれたという、捕虜の話がたくさんあります。

 

これらの車の少なくとも1台は、キャンプ4の近くのプカンバルー鉄道に残され、70年代または80年代にも立ちましたが、その後廃棄されました。 このボックスカーは、オランダ語、英語、さらには日本語の落書きで覆われていました。

砂カート

砂カート

これは、キャンプ3などのキャンプで砂を採掘するために使用されるカートの1つです。この砂は、鉄道の堤防を建設するために使用され、捕虜によって行われた図面で見ることができます。 通常は600-700mmの狭軌鉄道で走り、その後、必要な場所に手で押し込まれましたが、一部の場所では、炭鉱で使用されているものと同様の狭軌機関車にアクセスできたかもしれません。

レールと備品

プムンバルのロムシャアンロードレールと枕木

繰り返しますが、これは車両ではありませんが、車両がなければ鉄道はありませんでした。 上の写真は、インドネシアの他の地域から撤去された鉄道と枕木を降ろす、ペカンバルでの鉄道建設の開始時のロムシャを示しています。 このレールには、Krupp、BHP、Ougréeなどのメーカーマークが付いていました。 また、SSS(Staatsspoorwegen ter Sumatra's Westkust)やSJS(Semarang-Joana Stoomtram Maatschappij)など、鉄道が撤去された跡もありました。

 

いくつかのオーストラリアの捕虜は、鉄道がBHPとマークされているのを見て、戦争がうまくいかないこと、そして日本人がオーストラリアに侵攻したに違いないと指摘しました。 ただし、このレールは、BHPビリトンが保有していたバンカ島などのどこかから来た可能性が高くなります。

© 2019 by Farrell Family

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon