Pekanbaru Death Railway Coal mine at camp 14

キャンプ14の炭鉱

キャンプ14

ペタイと炭鉱

鉄道のこの部分は、ペタイ村の北3kmから始まり、川の平原を西に曲がり、タピ川の隣を徐々に登り、狭い渓谷を通り、andキャンプ14Aの隣の平らなエリアで終わります。

 

キャンプ14Aを過ぎたところで、川を越えて石炭の移行点があります。 この時点から、機関車は使用されませんでした。 代わりに、700mmゲージのプッシュカートラインが使用されました。 その後、ラインはさらに南へ4 km走り、炭鉱で終わる前にキャンプ14を通過します。

キャンプ14A

キャンプ14

炭鉱

炭鉱とともにキャンプ14と14Aの場所

この鉄道線は、1943年から主にロムシャの奴隷によって建設されました。しかし、歴史はあまり記録されていません。オーストラリアの第2/29大隊と1944年11月に鉱山に到着したアチェ党の他のメンバーによって記録された情報もあります。

 

この地域への移動は、優れた4輪駆動車を使用しないと非常に困難であり、雨が降る中、道路が非常に滑りやすく急なため、試みないでください。炭鉱にアクセスするために、洪水が発生しやすい4つの「橋を渡っていない川の交差点」があります。往復には3〜4時間かかります。

 

今日、鉱山への道は、ペカンバルの南117km近くのペタイ村にあります。最初に通過する大きな障害物はシンギンギ川です。この橋はペタイ交差点から2.5kmのところにあり、そこをドライブすると、元の鉄道橋があった場所と同じ位置で川を渡ることになります。これは、川が十分に狭く、川の両側のアプローチが橋を考慮するのに十分高い最初のエリアです。右側の橋を過ぎたところにあるは、1943年の元のペタイ村の場所を示す記念碑です。ここには2つのコンクリート製の水槽と、ラトゥ(女王)が刻まれた石碑のある村の墓があります。道路は、鉄道線に沿ってさらに850m進み、右に曲がり、タピ川に向かって北に向かいます。

 

路線は引き続きタピ川に沿って南側に留まり、さらに西​​に進んで右に曲がります。ここから、堤防を決定できます。この路線は現在、川の南岸に非常に近く、初めて川を渡る前にタピ渓谷に入ります。ここから北岸にとどまり、川の隣の丘の輪郭をたどります。この川はキャンプ14Aで終わり、石炭の移行点です。

Pekanbaru Death Railway Coal mine at camp 14

タピ渓谷

キャンプ14Aは、今やヤシ油の木が植えられている広い平らな場所にあります。 キャンプに面し、約100m離れたところに、その上に在来の木が生えている小さな丘があります。これは、現在鉄道線で生えている木とほぼ同じ年齢です。 これはキャンプ墓地エリアです。 墓地の遺体は発掘され、ジャカルタの戦没者墓地に移されたと考えられています。

 

鉄道の堤防は、キャンプ14Aから800m、700mmのカートラインが始まった石炭移行ポイントまで川を渡る前に簡単に見つけることができます。

Pekanbaru Death Railway Coal mine at camp 14

キャンプ14Aの石炭輸送エリア

Pekanbaru Death Railway Coal mine at camp 14

石炭輸送エリアの鉄道基礎

今日、70年の洪水と浸食の後、川には6つの丸い木製の基礎がまだ残っています。 プッシュカートラインは、ここから西に向かって走り、鉱山に向かってまだタピ川を流れています。 路線は徐々に上昇し始め、石炭車の側線または通過する湾があるロムシャキャンプを通り過ぎます。 キャンプ14と日本のキャンプは、峡谷が再び開くエリアにあります。

 

その後、カートラインが川を横切り、さらに3回、サイドストリームで鉱山に到着します。

Pekanbaru Death Railway cutting at camp 14

炭鉱地域の大規模な伐採

炭鉱自体は過去70年間継続的に採掘されてきましたが、炭鉱自体は南に向かってムアラレンブに向かって進んでいます。 古い鉱山サイトの石炭は、今日でも地表に残っています。

 

元々の炭鉱はロムシャによるものでした。 これはさまざまなレベルで行われ、丘に小さなトンネルが開けられました。 日本人もダイナマイトを使って大きな穴を掘ったと報告されています。

 

鉱山跡地は2003年にまだ活動しており、小さなゲージの線路が地面から突き出ており、崖にいくつかの穴が見えました。 今日、すべての兆候が消え、鉱山のこの部分は現在使用されていません。

Pekanbaru Death Railway Coal mine at camp 14

炭鉱の炭鉱

キャンプ14の日本地域は、タイガー保護ユニットキャンプが現在位置していると考えられています。 それは平坦なエリアであり、鉄道の隣にあるキャンプを建設し維持するための論理的なエリアだったでしょう。 以前の遠征では、ケーブルや絶縁体としてキャンプの周りに電気があり、葉の下でクロスバーやその他のハードウェアが腐敗しているのが発見されました。

 

これらの遠征では、金属の検出が発見されました:レール、700mmカート鉄道用の金属枕木、およびレールを固定するためのスパイク。 川には2つの金属製枕木も見つかりました。 彼らは、この地域で発生する多くの深刻な洪水の1つが原因で、おそらく川にたどり着いた。

Pekanbaru Death Railway Artifacts at camp 14

キャンプ14で発見された電気的遺物